◆歯周病治療 / 入れ歯(義歯) / ホワイトニング

 

<歯周病治療>

J1_entry3_rightpic120130920231920.jpg◆〜歯周病と全身との関連性〜◆
歯周病の患者さまは、健全なお口の方に比べ、心臓発作の発症率が2.8倍、脳卒中・脳梗塞の発症率が3.0倍、早産の危険性が7.5倍ということが、アメリカの研究で確認されました。その他、糖尿病やリウマチ・肺炎などいろいろな病気と歯周病が関係していることが報告されています。
歯周病菌は口や血管から体内に侵入していきます。
歯周病は、お口の中だけの病気ではなく、全身の健康にも影響を与えるため早めの治療が大切です。

 

 

J2_entry3_rightpic220130920231920.jpg◆〜痛くない歯周病治療:お薬で歯周病菌を減らします(歯周内科)〜◆
歯周病の原因は、歯周病菌(細菌)です。
まずは、お口の中の歯周病菌を減らすことがなにより肝心です。
当医院では、痛くなく、早く治すために飲み薬(3日間)と薬での歯磨き(7日間)でまず歯周病菌を減らします。(歯周内科)
これにより重症の歯周病も、早く劇的に治っていきます。
同時に、位相差顕微鏡で治療前と治療後の細菌状態を確認することで、原因(細菌)と結果(症状の改善)の関係がはっきりわかり、納得の治療を受けることができます。

 

 

J3_entry3_rightpic320130920231920.jpg ◆〜痛くない歯石除去〜◆
歯石は、歯周病の直接の原因ではありませんが、歯周病菌の格好の住みかになるので、歯周病菌そのものの除去と同じく、歯石(住みか)も除去することが歯周病治療の基本です。
ただ、歯ぐきに炎症がある状態で歯石除去をすると、痛みを感じたり、出血がよく見られます。しかし、はじめに薬で細菌を除菌して歯ぐきの炎症を改善してから歯石除去を行うことで、痛みや出血がほとんどありません。
さらに、歯周病はそのほうが早く治っていきます。
この方法で、歯石除去だけを延々と続けるよりもずっと早く歯周病が治っていきます。

 

J4_entry3_rightpic420130920231920.jpg◆〜メンテナンス(定期検診)をおすすめしています〜◆
メンテナンスでむし歯や歯周病を未然に防ぎ、お口の健康を維持していくことは、歯だけでなく全身の健康維持にも役立ちます。
メンテナンスでは、お口の細菌を90%以上除去できるAIR-FLOWという機械を用いて、効果的にお口の健康を維持するようにしています。
メンテナンスを行うことは、皆さまの歯を長く残すためにたいへん重要な役割を果たしています。

 

 

<入れ歯(義歯)>

J5_entry3_rightpic520130920231920.jpg ◆〜JBAデンチャー〜◆
この入れ歯は金属のバネを使わないので、歯を揺らすことがなく、歯に負担がかかりません。
お口にピッタリフィットして装着時の違和感がほとんどありません。
隙間がないので、ものが詰まりにくいのも特長です。
また、軽くて金属のバネがないので、入れ歯を入れていることがわかりにくく、見た目もスッキリです。

 

 

<ホワイトニング>

J6_entry3_rightpic620130920231920.jpg◆〜デュアルホワイトニング〜◆
ホームホワイトニング(家で行うホワイトニング)とオフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)の、それぞれの特長を組み合わせたホワイトニング法です。
ホームホワイトニングにより白さが持続します。
オフィスホワイトニングは治療が短期間でできます。
痛くなく、しみない「Ken’sホワイトニング」のセミナーを受講して、認定を受けています。安心して治療が受けられます。