◆頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療 / 小児歯科 / むし歯治療

 

<頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療>

I1_entry2_rightpic120130920231920.jpg◆〜Bio Bloc(バイオブロック)、RAMPA(ランパ)〜◆
ちぢいわ歯科クリニックでは、なぜ歯並びが悪くなるのかその原因を考え、その根本的原因にアプローチすることで治療を行います。
歯並びが悪くなるのは、頭蓋・顎顔面の前方成長の不足が原因であることがわかっています。
頭蓋・顎顔面の前方成長の不足が原因で、口呼吸や歯並び、低位舌などの状態が起こると言えます。
そこで当医院では、それら様々な問題の根幹である頭蓋・顎顔面の正しい成長をサポートする(Facial Orthotropics=自然成長誘導法)ことで、歯並びはもちろん口呼吸の改善、正しい舌の位置を確保し、その方の健康改善を目的とした治療を行っています。
この治療は、骨の成長が著しい年中~小学校高学年までに行うことで最も良い結果を得られます。

 

 

<小児歯科>

I2_entry2_rightpic220130920231920.jpg◆〜お子さまの歯を守る〜◆
小児歯科においても、「できるだけ削らない・できるだけ神経を取らない・できるだけ抜かない」治療方針にしたがい、お子さまの大切な歯を守っていくための治療と予防処置にも力を入れています。
多くのお子さまが、出来てしまった虫歯の進行を防ぎ、新たな虫歯を作らないために定期的に来院されています。

 

 

I3_entry2_rightpic320130920231920.jpg◆〜フッ素洗口法・フッ素の歯面塗布・フッ素入りジェルの利用〜◆
フッ素の3つの効果(①歯の結晶の強化②歯の再石灰化③抗菌作用)を利用して、むし歯予防を行います。
乳歯が永久歯に変わる頃のフッ素利用は、むし歯予防に特に大きな効果があります。
世界的に最も普及したフッ素によるむし歯予防を、積極的に取り入れています。

 

 

<むし歯治療>

I4_entry2_rightpic420130920231920.jpg◆〜Doc’s Best(ドックスベスト)治療法〜◆
むし歯の原因は、むし歯菌です。そのむし歯菌を取り除くための削る治療では、歯に大きなダメージを与え、まちがいなく歯の寿命を短くしてしまいます。
ちぢいわ歯科クリニックでは、歯を長く残すことを第一に考えて、「できるだけ削らない・できるだけ神経を取らない・できるだけ痛くない」むし歯治療として、むし歯菌を殺菌するDoc’s Best治療法を取り入れています。

 

 

<ちぢいわ歯科クリニックの感染防止対策>

I5_entry2_leftpic520130920231920.jpg